U-571』U

緊迫感で思わず息を止めて見てしまう潜水艦映画. 史実を多少脚色して映画化したとはいえ、個人的には数ある潜水艦映画の中で一番面白い映画だと思います. 特に戦争映画としてだけ描くのではなく、万年艦長候補呼ばわりされていた主人公の成長物語として描いているところも好感が持てる映画でしたよ. ナチスドイツが誇るUボートのオンボロ艦を奪取する作戦だけでも十分面白い前半. 特に雨の中ゴムボートで敵艦に自分たちはドイツ軍だと思わせて近づく時の緊迫感が最高です. 正体がバレたらという不安でドイツ語を話せる士官が緊張で言葉が出ないあのドキドキ感がまずたまりませんね. そしてこの映画で一番面白いのは何といってもUボートを奪取して、いざ自分たちの潜水艦に戻ろうとしたら、その自分たちの潜水艦が撃沈されてからの展開. 撃沈された自分たちの潜水艦を目の前に数人の仲間と共に乗り込んだのが敵国の潜水艦は、もちろん全てドイツ語表記. 敵が迫っているからこそ一刻も早くと思うも何が書いてあるか分からないあの焦りから生まれる恐怖. このくだりがとにかく面白すぎるくらいに面白かったですね. さらに今回の作戦が極秘作戦のため、敵国の潜水艦に乗っている自分たちはドイツ軍からだけでなくアメリカ軍からも逃げなければならない八方塞の展開が映画をさらに面白くしてくれるんですよね. もちろん救難信号なんて出せない、そんな状況下で指揮官としての非情さが足りないために万年艦長候補だった主人公がどこでどう非情になるのか. 戦闘という緊迫感の前半から後半は人間関係での選択を迫られる緊迫感も加味されて、とにかく先の読めない展開が面白いんですよね. モンクレール ダウン レダウンジャケット メンズディース またドイツ人捕虜が一人だけ生き残ってしまったがために何度も危機が迫ったり、オンボロ艦なのに水圧の厳しい深海に逃げなければならない緊迫感も最高です. 特に敵に悟られないように音を立てずに潜んでいるシーンは見ている我々まで息を止めてしまいそうなくらいでした. ハーヴェイ・カイテル演じる軍曹のアシストぶりもベテラン俳優ならではの巧さを存分に味わえますし、何よりも残り少ない魚雷をどこでどう使うかという戦術を始めは自信無さげだった主人公のマシュー・マコノヒーが徐々に覚悟を決めて決断をするようになっていく成長ぶりが面白いこと. ジョン・ボン・ジョヴィが途中退場してしまったのはちょっと残念でしたけど、それでもとても面白い映画でした. そういえば日本版イメージソングはボン・ジョヴィの曲でしたね. 深夜らじお@の映画館 はいろんな意味で潜水するのが大好きです.

发表评论

电子邮件地址不会被公开。 必填项已用*标注

您可以使用这些HTML标签和属性: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>