标签归档:ファイナルファンタジーXIII

ファイナルファンタジーXIII

映像で振り返る『 FFXIII 』 スクウェア・エニックスから2011年12月15日に発売予定のプレイステーション3、およびXbox 360用ソフト『 ファイナルファンタジーXIII-2 』. 同作の公式サイトでは、前作にあたる『 ファイナルファンタジーXIII 』のストーリーを振り返る映像コンテンツ”ロスト・レポート”のEpisode-1が本日から公開された. このレポートは、『 ファイナルファンタジーXIII 』のストーリーを時系列に整理し、主人公ライトニングたちの視点から描いた物語ではなく、聖府軍の特殊機関”PSICOM(サイコム)”という部隊に所属していたヤーグ・ロッシュ中佐と、騎兵隊という部隊に所属していた”リグディ”というふたりの軍人の視点から描かれた物語で全6話構成される. ※本コンテンツは、国内向けのコンテンツ. ※画面は『ファイナルファンタジーXIII』(プレイステーション3版)のものです. (C)2009 SQUARE ENIX CO., LTD. All Rights Reserved. CHARACTER DESIGN: TETSUYA NOMURA.

浜渦正志氏、坂本英城氏、植松伸夫氏らが熱

ゲーム音楽はプログレだ! 2012年3月17日、18日の2日間、神奈川県川崎市のクラブチッタにて、数々のゲーム音楽を手掛けてきた作曲家たちが出演したライブ”ファンタジー・ロック・フェス2012″が行われた. “ファンタジー・ロック・フェス”は、プログレッシブ・ロックの雑誌「ストレンジ・デイズ」の編集長である岩本晃市郎氏がプロデューサーを務めるライブで、今回で2回目の開催となる. 岩本氏は、プログレッシブ・ロックとゲームミュージックには通じるものがあると考えており、”ゲーム音楽=ファンタジー=プログレッシブ・ロック”を体現するものとして、このライブを企画したという. ここでは、ゲーム音楽ファン、プログレッシブ・ロックファン必見の、本ライブ初日の模様をお届けしていこう. ※下記で掲載しているセットリストは初日のものです. IMERUAT(イメルア) ピアノ: 浜渦正志、ボーカル・ムックリ・トンコリ: Mina ゲストプレイヤー… ギター: 田部井とおる、バイオリン: 桑野聖、パーカッション: 竹本一匹、シンセサイザー: 鈴木光人 最初に登場したのは、『 サガ フロンティア2 』、『 ファイナルファンタジーXIII 』などで知られる浜渦正志氏と、ヴォーカリストMinaさんのユニットIMERUAT(イメルア). この日は『 ファイナルファンタジーXIII 』のレコーディングメンバー6人による豪華編成で、浜渦氏渾身の新曲「Black Ocean」が演奏された際は、涙をこぼすファンの姿も見られた. また、『 ファイナルファンタジーXIII 』でもっとも有名な曲と言っても過言ではない「閃光」は、「原曲以上」 と浜渦氏が自負する新たなアレンジで演奏され、来場者を魅了した. セットリスト 「Imeruat」 「6Muk」 「Leave me alone」 「Battaki」 「Black Ocean」 「閃光-3.17-18アレンジバージョン(『 ファイナルファンタジーXIII 』より)」 「Choose to Fight(『 ファイナルファンタジーXIII 』より)」 TEKARU(テカル) オルガン・キーボード・ボーカル: 坂本英城、シンセサイザー: 加藤浩義、ベース: いとうけいすけ、ギター: 浅田靖、ドラム: 川越康弘 『 無限回廊 』や『 428~封鎖された渋谷で~ 』などを手掛けた坂本英城氏が率いるノイジークロークのメンバーが、バンド”TEKARU”を結成! 『 無限回廊 』や『 100万トンのバラバラ 』などの名曲をバンドアレンジして披露した. また、最後に演奏されたオリジナル曲「SUN」はまさかのボーカル曲! ノイジークロークの新しい可能性を見せつけた. なぜか全員、上履きに赤ジャージ. 背後で流れていたゲームの映像が、ガチのプレイ映像だったことにも注目したい. セットリスト 「prime #7」(『 無限回廊 』より) 「prime #919」(『 無限回廊 』より) 「さいしょの戦艦」(『 100万トンのバラバラ 』より) 「ファイナル・ギャザリング! 」(『 勇者のくせになまいきだ: 3D 』より) 「来たるべきセカイ」(『 勇者のくせになまいきだ: 3D 』より) 「SUN」 霜月はるか 特別ゲストとして登場した霜月はるかさんは、ガストの『 イリスのアトリエ 』シリーズの主題歌メドレーを披露. また、『 ファイナルファンタジーIV 』から『 ファイナルファンタジーVI 』がドンピシャ世代だったとのことで、ファイナルファンタジー ヴォーカル・コレクションズの収録曲の中から2曲を歌った. なお、この2曲のピアノ演奏はEARTHBOUND PAPASの成田勤氏が担当した. セットリスト 「白夜幻想譚」~「Eternal Story」~「Schwarzweiβ~霧の向こうに繋がる世界~」 「光の中へ」(ファイナルファンタジー ヴォーカル・コレクションズ「PRAY」より 原曲『 ファイナルファンタジーIV 』「愛のテーマ」) 「遠い日々の名残り」(ファイナルファンタジー ヴォーカル・コレクションズ「Love Will Grow」より 原曲『 ファイナルファンタジーV 』「離愁」) 谷山浩子 ボーカル・ピアノ: 谷山浩子、シンセサイザー・コーラス: 石井AQ これまで数多くのファンタジー色溢れる音楽を手掛けてきた谷山浩子さん. “ゲーム音楽”、”ロック”に関係するイベントに出演するのはこれが初めてで、自分は浮いているのでは… と気にしていると語ったが、話を伺ってみれば、なんと相当なゲーマーであることが判明. 初期の『 ウルティマ 』、『 ウィザードリィ 』のころからゲームをプレイしているそうで、「時の回廊」は『 ウィザードリィ 』に感動して作った曲だという. また、『 ファイナルファンタジーVI 』がとても好きで、曲は「魔導師ケフカ」、「霊峰コルツ」、「ティナのテーマ」、「帝国の進軍」、「魔導研究所」が好きだと熱く語った. セットリスト 「まっくら森の歌」 「時の回廊」 「第5の夢・そっくり人形展覧会」 「第2の夢・骨の駅」 「森へおいで」 「王国」 EARTHBOUND PAPAS(アースバウンド パパス) キーボード: 植松伸夫、ギター: 岡宮道生、キーボード: 成田勤、ベース: 弘田佳孝、ドラム: 羽入田新、コーラス: CHiCO from ACE、馬場宏美、佐々井康雄、遠藤フビト トリを務めるのは、『 ファイナルファンタジー 』シリーズの音楽といえばこの方、植松伸夫氏率いるバンドEARTHBOUND PAPAS(アースバウンド パパス). 今回は戦闘曲メインの、激しいラインアップとなった. やはり注目すべきは、「Dancing Mad(妖星乱舞)」と「Darkness and Starlight(“オペラ~マリアとドラクゥ”)」. どちらも15分を超える大作だ. 「Darkness and Starlight(“オペラ~マリアとドラクゥ”)」では、語りをCHiCOさん、マリア役を馬場宏美さん、ドラクゥ役を佐々井康雄さん、ラルス役を遠藤フビトさんが熱演. ライブのクライマックスを飾るにふさわしい壮大なロックオペラとなっていた. セットリスト 「Opening~Advent:One-Winged Angel」(『 ファイナルファンタジーVII アドベントチルドレン 』より) 「Bo-Kon-Ho-Ko(亡魂咆哮)」(『 ロストオデッセイ 』より) 「Battle at the Big Bridge(ビッグブリッヂの死闘)」(『 ファイナルファンタジーV 』より) 「Those Who Fight Further(更に闘う者達)」(『 ファイナルファンタジーVII 』より) 「Dancing Mad(妖星乱舞)」(『 ファイナルファンタジーVI 』より) 「Darkness and Starlight(“オペラ~マリアとドラクゥ”)」(『 ファイナルファンタジーVI 』より) アンコール 「ハイウェイスター」 最後は出演者・観客全員で乾杯! ライブ後は作曲家陣のサイン会も行われた. 浜渦正志氏の公式サイトは こちら 坂本英城氏(ノイジークローク)の公式サイトは こちら 霜月はるかさんの公式サイトは こちら 谷山浩子さんの公式サイトは こちら 植松伸夫氏(ドッグイヤー・レコーズ)の公式サイトは こちら ストレンジ・デイズの公式サイトは こちら.

PS Vita、発売2日間でUGG ブーツ オーストラリア31.8万台

12月17日、SCEからPSPの後継機にあたる新型携帯ゲーム機・PS Vitaが発売されました. Wi-Fiモデル(24,980円・税込)と3G・Wi-Fiモデル(29,980円・税込)の2モデルが発売され、発売2日間の販売実績は推定31.8万台(内、3G・Wi-Fiモデル比率… 約65%). 店頭消化率は、店舗によってややバラつきが見られましたが、平均で60%前後となりました. ちなみに、2004年12月に発売されたPSPの発売週の販売実績(集計期間1日)は16.7万台、また今年2月に発売された3DSの販売実績(集計期間2日)は37.4万台. ライバルの3DSは、値下げと強力なタイトル群の発売によって、今週、過去最高となる37.7万台の週間セールスを記録するなど一気に巻き返しを図っています. PS Vitaと3DSの携帯ゲーム機対決が今後どうなってゆくか注目したいところです. PS Vitaのローンチソフトは、新ハード発売時では過去最高となる24本(内、20本がパッケージ販売). 中でもっとも人気を集めたのは『みんなのGOLF6』で、販売実績は推定5.5万本(本体装着率17.4%、ソフト内構成比20.6%)でした. 以下、『アンチャーテッド -地図なき冒険の始まり-』(4.4万本)、『真・三國無双 NEXT』(2.8万本)といった人気シリーズの最新作が続きます. また、パッケージソフトの合計販売数は27.0万本. 本体に対するパッケージソフトの装着本数は0.85本と、PSPの1.16本、3DSの0.88本を下回る結果となりました. サッカースパイク そんな中、12月第3週のソフト販売ランキング(集計期間: 2011年12月12日~18日)を制したのは、PS3の注目作『ファイナルファンタジーXIII-2』でした. 2009年12月に発売され、194万本の大ヒットを記録した『ファイナルファンタジーXIII』の続編にあたる今作. 販売実績は推定52.7万本、店頭消化率は60%前後となりました. この他の新作では、キッズ層を中心に人気の『イナズマイレブン』シリーズの最新作、3DS『イナズマイレブンGO シャイン・ダーク』が2バージョン合計で推定14.1万本(店頭消化率35%前後)を売り上げて、5位と7位に初登場. 旧作では、『モンスターハンター3(トライ)G』『マリオカート7』『スーパーマリオ 3Dランド』の3DSタイトルが、引き続き順調に販売実績を伸ばしました. 今週のゲーム市場は、ハードが前週比77.6%増の89.7万台、ソフトが同38.0%増の283.9万本. 両市場とも、先週に続いて今年度最高の盛り上がりを見せました. (アスキー総合研究所) 順位 前週 機種 タイトル名 メーカー 発売日 推定 販売数 累計 販売数 1 – PS3 ファイナルファンタジーXIII-2 スクウェア・エニックス 11/12/15 526,544 526,544 2 1 3DS モンスターハンター3(トライ)G カプコン 11/12/10 194,672 719,810 3 2 3DS マリオカート7 任天堂 11/12/01 177,122 779,338 4 3 3DS スーパーマリオ 3Dランド 任天堂 11/11/03 113,759 827,262 5 – 3DS イナズマイレブンGO シャイン レベルファイブ 11/12/15 79,262 79,262 6 8 Wii 星のカービィ Wii 任天堂 11/10/27 65,200 383,425 7 – 3DS イナズマイレブンGO ダーク レベルファイブ 11/12/15 61,757 61,757 8 – PSV みんなのGOLF6 SCE 11/12/17 55,491 55,491 9 12 Wii JUST DANCE Wii 任天堂 11/10/13 47,063 325,105 10 – PSV アンチャーテッド -地図なき冒険の始まり- SCE 11/12/17 43,727 43,727 (アスキー総研調べ) ※カラーが付いているものは、今週の新作タイトル. ※本データに関するお問い合わせは アスキー・メディアワークス まで.