标签归档:スーパーマリオ

誰もが遊べるニンテンドー3DS版『スーパ

あの『 スーパーマリオ 』が3D世界で遊べる! 2011年6月7日~9日(現地時間)、アメリカ・ロサンゼルスにて開催中の世界最大のゲーム見本市E3(エレクトロニック・エンターテインメント・エキスポ)2011. 今回は『 スーパーマリオ 』のプレイリポートをお届け. ゲームファンなら知らぬ者はいない、国民的アクションゲーム『 スーパーマリオ 』. この『 スーパーマリオ 』の新作が、ニンテンドー3DSで登場. その特徴は言うまでもなく、3Dで構成されたステージでマリオが遊べること. おなじみの横スクロール2Dアクションではなく、ニンテンドー3DSの特徴を活かした3Dアクションになったというわけ. で、その内容は? というわけで、さっそくプレイしてきました. ステージは手前から奥へ、奥から上へ、上から下へといったように完全に3Dで構成. 当然のことながらギミックが満載で、マリオ伝統のジャンプアクション等を駆使して進む必要があります. 「じゃあ、3Dボリュームはつねにオンにして遊ぶの? 」なんて声も聞こえてきそうですが、そこはお好みでオーケー. ブロック等の配置が絶妙なのか、2D状態、3D状態のどちらでも快適にプレイできました. また、ロゴを見れば一目瞭然. 本作のマリオは、名作『 スーパーマリオブラザーズ3 』を思い起こさせる”タヌキマリオ”に変身が可能. 飛びっぱなしにはなりませんが、一定時間踏ん張ってジャンプの距離を伸ばしたり、しっぽを振り回して攻撃したりといったアクションが実装されています. 見た目の部分で印象深いのは、画面構成は3Dなのに、横スクロールの”あの『 スーパーマリオ 』”っぽいな~と感じられること. とくに、緑が基調のステージはその印象が強く、土管の中に入れるようなギミックもバッチリ用意されていて、本当に違和感なくプレイ可能. とはいえ、微妙なジャンプが求められたり、イヤらしい位置に敵が配置されていたりと、そっち方向の『 スーパーマリオ 』らしさもしっかり. そのあたりを含め、触っていて楽しく、リトライが苦にならない点もうれしいポイント. 歯ごたえ抜群の高難度ステージもきっと用意されることでしょう. 本作のプロデューサーは、『 スーパーマリオギャラクシー 』シリーズを手掛けている任天堂・小泉歓晃氏. それだけに、長年のノウハウを活かして開発は進められているはず. 詳細の発表はまだまだこれからだけど、携帯ゲーム機初の3Dマリオ、開発は順調と見受けられました! (テキスト: フランソワ林).

いただきストリート Wii』の新たなきせ

スクウェア・エニックスは、12月1日に発売を予定しているWii用ソフト『いただきストリート Wii』の新情報を公開した. 本作は、気軽に遊べる内容と戦略性の高さから、多くのファンに愛されているすごろく型ボードゲーム『いただきストリート』シリーズの最新作. 2007年に発売されたDS『いただきストリートDS』に続いて、『ドラゴンクエスト』シリーズと『スーパーマリオ』シリーズの人気キャラクターが共演している. また、プレイヤーキャラクターとしてMiiを使えたり、ニンテンドーWi-Fiコネクションを介してオンライン対戦できたりといった機能が用意されている. 今回、Miiキャラクターに着せることができる”きせかえアイテム”の新情報が公開された. あわせて、初登場のものを含めた4つのマップの画像もお届けする. きせかえアイテムは”ファッション”、”パーツ&マスコット”、”アクション”、”プレイスタイル”の4種類がある. それぞれ、多数のアイテムが用意されているが、今回はその中からレアなものを掲載する. マリオの服: マリオに変身できる服装のセット. 思わず、走りたくなったり、スターを取ったりしたくなる!? ロトのよろい: ロトの勇者が身につけていた伝説の武具. 『ドラゴンクエスト』シリーズからの登場. サンディの服: 『ドラゴンクエストIX』のキャラクター・サンディが装備していた服. 羽もセットになっている. ピーチのドレス: おなじみピーチ姫の着ているピンク色のドレス. これを着れば、ピーチ姫になった気分を楽しめそうだ. 天空人のつばさ: 天使界に住む人々とおそろいのアクセサリー. チコ: 『スーパーマリオギャラクシー』シリーズの人気キャラ・チコのマスコット. プレイヤーの横にぷかぷかと浮かぶ. プレイヤーが気に入った服装に着替えてプレイすれば、思い入れも増す. ゲームの楽しさも倍増するだろう. 以前の記事では、過去の『いただきストリート』に登場したマップから、代表的なものをいくつか紹介した. nike ジョーダnike ジョーダン 新作ン 新作 今回は、初登場となるものを含め新たに判明した4つのマップについて紹介する. スタンダードなものからテクニカルなものまで、さまざまなマップがそろっている. 天使界(『ドラゴンクエスト』シリーズ): 『ドラゴンクエストIX』に登場した天使界を模したマップ. 比較的小さなマップだが分岐点が非常に多く、さらに誰かがスイッチマスに止まることでマップが大きく変形する. ダーマ神殿(『ドラゴンクエスト』シリーズ): 名称自体は過去作にも登場しているが、今作ではマップが変更されている. マスが多く、進むルートやお店購入の判断など、各所で実力が試されるマップだ. 星船マリオ(『スーパーマリオ』シリーズ): マスが輪状で、1周してつながっているという、『いただきストリート』シリーズ初の立体マップ. 構造は単純だが、土管から移動できる離れ小島のマスをどうするかが勝負のポイントになる. エッグプラネット(『スーパーマリオ』シリーズ): “星船マリオ”同様に、3D構造のマップ. マップが非常に大きい上に、回転するので道を間違えやすい. マップ右の一本道を1周すると、少ない移動で4つのマークがすべてそろう.