标签归档:シェルノサージュ

イオンの心を開くのはあなたの行動! 『シ

ガストは、4月26日に発売するPS Vita用ソフト『シェルノサージュ ~失われた星へ捧ぐ詩~』の新情報を公開した. イオンと机越しに向かいあっている. 下に見えるタルトのような食べ物は、彼女が作ったのだろうか? オンライン専用タイトル『シェルノサージュ ~失われた星へ捧ぐ詩~』は、”7つの次元を越えた先に、本当に存在する世界”をコンセプトとした”サージュ・コンチェルト”シリーズの1作目. “7次元コミュニケーション”とジャンル付けされた本作では、7次元先の世界で生活している少女・イオンとのコミュニケーションを主体とした、今までにない体験を楽しめる. 先日、 本作の世界観が公開 されたが、今回はイオンの行動や、彼女への接し方が明らかになった. また、気になる世界背景も新たに公開された. † PS Vitaがイオンの家やイオンの精神世界につながる † イオン(イオナサル・ククルル・プリシェール)… 7次元先の世界にて1人で生活している、記憶を失っている女の子. 黙々と何かを作るのが好きで、真空管を使った電子工作に目がない. プレイヤーの手元にある端末・PS Vitaは、インターネットを介して、はるか彼方の世界に存在する一室、イオンの家へとつながった. 彼女はあなたと出逢うまで、ずっとこの家に1人で暮らしていたという. さらに彼女は、記憶を失っている. しかし、あなたの持つ端末は、機能を駆使することでイオンの精神世界”ジェノメトリクス”へと入り込める. 精神世界をたどり、少しずつ、彼女の失われた記憶をよみがえらせていく. 彼女がなぜここに1人なのか、ここはどこかなのかを知る旅へと出かけよう. イオンが住んでいる世界は、プレイヤーの住む世界と同様に24時間で時計が進み、朝昼晩もすべて同じ. イオンは朝に起きて行動して、夜になると眠る. これは毎日の生活サイクルを彼女が行っているためだ. 例えPS Vitaを常時起動していなくても、イオンはその生活サイクルを続けている. 例えば、夜中に彼女に会いたくなり、端末を起動してもイオンは寝ている可能性があるという具合だ. イオンの世界は、実時間で動いている. 彼女とコミュニケーションを取ると、ヒュムノポイントを入手できる. 次のページでイオンの生活を掲載.

PS Vita『シェルノUGG コーディネートサージュ』ディナ

9月26日に、東京・秋葉原にある”私設図書館 シャッツキステ”で、ガストのPS Vita用ソフト『シェルノサージュ ~失われた星へ捧ぐ詩~(以下、シェルノサージュ)』のディナーショーが行われた. 本企画は、ガスト×星海社×シャッツキステの3社共同企画として開催されている”7次元世界からのカフェレストラン”の一環として、ファン20名を招いて開催されたもの. 作中に登場する7次元先に存在する世界・ラシェーラと繋がり、こちらの世界の代理店として認可されたシャッツキステ内は、普段から趣のある店内が、まさに『シェルノサージュ』一色という状態になっていた. 今回のディナーショーでは、入り口から見て右手の一段高いスペースに出演者席が設けられており、本作のディレクターであるガスト・土屋暁氏と、イオン役の声優・加隈亜衣さんを拍手で迎えてのスタートとなった. 4名ずつに分かれたテーブルには、シャッツキステのメイドさんにより、作中に登場する料理をこちらの世界の素材で再現した7次元メニュー”ラム・ド・ルウレライ””こってりINハンバーグ””すかいぶるープリン”が運ばれ、参加者は食事とともに、土屋ディレクターと加隈さんのトークを楽しんだ. そして、2012年12月6日より配信された、DLC”イオンExtendTALKパック~7つのソラを越えた想い~”と連動する形でユーザーに贈られた絵本『フィラメントスター』の朗読が加隈さんによって行われると、会場は物音一つ立てることなく、全員が静かに耳を傾ける. さらにディナーショーということで、もともと参加者と会話が発生するほどの至近距離でトークが行われていたが、ゲストのお2人がそれぞれのテーブルを回り、参加に対するお礼を述べるとともにしばし歓談の時間へ. ゲストのお2人が参加者と歓談している間は、メイドさんによって”イオンの あなたと作りたい♪レシピブック”の料理制作秘話や注意点などが語られた. ナタデココの甘みを抜き忘れないなど、重要な(? )注意点などもあった. ドレスコードもあるということで、最初は若干緊張した様子も見られたディナーショーだったが、終わる頃にはすっかりリラックスしたムードに包まれ、作品を中心に作り手とファンが一体となって楽しんだイベントとなった. 最後は土屋ディレクターと加隈さんを中心に記念写真の撮影も行われ、お土産に”グルメイト”も配られた. 女性陣には土屋ディレクターから、男性陣には加隈さんから手渡され、それぞれと言葉を交わして、ディナーショーは終了した. ディーナーショー終了後のミニインタビュー ディナーショーが終了したあと、特別に土屋ディレクターと加隈さんからお話を伺うことができましたので、こちらも合わせてお届けします! (※インタビュー中は敬称略) ――ゲーム系イベントとしては珍しいディナーショーでしたが、無事終えられていかがですか. 土屋ディレクター(以下、土屋): ファンの皆様との距離が近くて、とても感動的でした. ――これだけ近いイベントはなかなかありませんよね. ちなみに本日、特に印象に残ったことはありますか. 土屋: かなり遠くから来てくださっている方もいて、すごく驚きました. 加隈亜衣(以下、加隈): お仕事のお休みを取って来てくださった方もいましたよね. 土屋: 皆様、全力でイベントに参加してくださって、とてもうれしかったです. ――イオンと加隈さんの距離感はかなり難しいと思うのですが、『フィラメントスター』の朗読についてお聞かせください. 加隈: イオンちゃんとして読む場合は自分の気持ちを届けるつもりで読みますが、私個人としてどう読むかと考えた時には、普通の朗読のように「この子はこんな気持ちで読んでいる」と考えて読むだけではなく、イオンちゃんの気持ちを汲み取りつつも、一歩引いた気持ちでの朗読を心がけました. すっごく緊張しました(笑). ――先日、次の”サージュ・コンチェルト”作品も発表されましたが、『シェルノサージュ』として決意を新たにされたことや、ファンへのメッセージをお願いします. 土屋: 『アルノサージュ』と『シェルノサージュ』はそれぞれ別作品で、どちらも単体でしっかり遊んでいただけるようになっています. 世界が同じだったりお得な連動はあるのですが、『シェルノサージュ』を楽しんでくださっている方には最後まできちんとコンテンツを提供し、こちらの世界と7次元先の世界を連動させた『シェルノサージュ』らしいことをやっていきたいと思いました. 加隈: 今日はイオンちゃんとしてではなく、いちファンという感じで参加させていただき、私自身が制作にイオンちゃんとして携わらせていただいたポジションからの質問や気持ちもありつつ、土屋さんのお話を聞けて楽しかったです. 個人的には久しぶりの『シェルノサージュ』のイベントで、みなさんからの想いもたくさん受け取れました. 今後の展開を楽しみにしつつ気持ちを新たに、残りの収録や普段のイオンちゃんとして、この素敵な想いを皆様に返していけたらと思いました.

シェルノサージュ ~失われた星へ捧ぐ詩~

ガストは、PS Vita用ソフト『シェルノサージュ ~失われた星へ捧ぐ詩~』のDLC”セカイパックVol.02″の配信日を、6月28日から7月5日に変更した. 配信日変更の理由について同社は、クオリティ向上のためと公式サイトにて説明している. また、開発スケジュール(ロードマップ)が更新された. 6月27日13: 00から”続 シェルノサージュ感謝キャンペーン”が行われ、8月1日に”夏休みキャンペーン”がスタート. そして、8月上旬に”セカイパックVol.03″が配信される予定. またサイトでは、ディレクターの土屋暁さんと音響監督の納谷僚介さんによる ニコニコ生放送”シェルノサージュスペシャル~胎動~” を、6月29日20: 00より配信することも明らかに. まだまだ謎に満ちた世界設定について語るというので、チェックしてみては.