福島沿岸に石炭火力の発電所、東電方針 地

藤崎麻里】東京電力は、福島県の沿岸部に、最新鋭の石炭火力発電所を2基つくる方針を決めた. 合わせて100万キロワットの電力を生み出す. 効率の良い発電所で安く電力をつくれるようにして経営再建に役立てるほか、被災地で雇用をつくりだす狙いがある. 計2千億円以上を投資し、2020年代初頭の稼働を目指す. 東電は自前で発電所をつくる経営体力がない. 工費がかさむため、三菱重工業など3社とともに特定目的会社(SPC)を共同で設立する. 東電が運営する広野火力発電所(広野町)と常磐共同火力勿来発電所(いわき市)の敷地内に、それぞれ1基ずつ増設する. このうち広野火力は、政府が福島第一原発事故で避難していた住民の帰還を目指す「避難指示解除準備区域」のすぐそばにある.

发表评论

电子邮件地址不会被公开。 必填项已用*标注

您可以使用这些HTML标签和属性: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>