田中防衛相「理解求めていく」 沖縄知事ア

沖縄県の仲井真弘多(ひろかず)知事が米軍普天間飛行場(宜野湾市)の県内移設に向けた政府の環境影響評価(アセスメント)に「自然環境の保全を図るのは不可能」との意見をまとめたことを受け、田中直紀防衛相は20日、記者団に「厳しい見解、意見だった. 適切に対処したい. 今後も真摯(しんし)に理解を求めていきたい」と語った. 県内移設の手続きを進める野田政権にとって、今回の知事意見で展望のなさが改めて浮き彫りになった. 普天間移設が進まないと在沖海兵隊のグアム移転に踏み切れないとする米国に押され、防衛省は移設先とする沖縄県名護市辺野古の埋め立てを前のめりに進めてきた. 昨年末にはアセス評価書を未明に沖縄県庁に運び込み反発された.

发表评论

电子邮件地址不会被公开。 必填项已用*标注

您可以使用这些HTML标签和属性: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>