映画『ゲームセンターCX THE MOV

TV番組『ゲームセンターCX』の放送10周年を記念した映画『ゲームセンターCX THE MOVIE 1986 マイティボンジャック』について、初日の上映日が2014年2月22日に、主題歌が怒髪天の”プレイヤーI”になることが決定した. ※以下、メーカー様からの情報をもとに記事を掲載しております. この度、フジテレビONEにて絶賛放送中の大人気番組『ゲームセンターCX』が放送開始10周年迎え、それを記念した5大プロジェクトがスタート. 番組サウンドトラック発売、武道館イベント、12月20日のDVD-BOX10発売と続いての、『ゲームセンターCX THE MOVIE 1986 マイティボンジャック』が2014年2月新宿バルト9、ヒューマントラストシネマ渋谷ほか全国公開の運びとなりました. 本作の主題歌は今回が映画への主題歌書き下ろしが初めてとなる怒髪天の「プレイヤーI」(※Iはローマ数字)となる事も決定. そして、ファン待望の映画公開日が2014年2月22日に決定いたしましたことをご報告いたします. 『ゲームセンターCX THE MOVIE 1986マイティボンジャック』解説&ストーリー 2003年、フジテレビのCS放送でひっそりとスタートしたにもかかわらず、異例の10年間ロングランを記録中の人気番組の映画化. 有野課長(よゐこ・有野晋哉)が懐かしの家庭用TVゲームに挑戦し、収録時間内にゲームを最終面までクリアし、多くの人たちが途中で挫折したであろうエンディング画面を目指すという内容で人気番組に登り詰めた「ゲームセンターCX」. 1986年、ゲームを愛する一人の少年がいた. 彼の名はダイスケ(吉井一肇). クラスメイトのクミコ(平祐奈)に恋心を抱いているがなかなか前に踏み出せない. クミコに近づくきっかけ作りの為、不良たちに借りパクされたゲームを取り戻すべくダイスケは不良たちに立ち向かう. 時空を超えた有野課長の挑戦はいかに、そしてダイスケの恋の行方は――. 【出演】有野晋哉(よゐこ)、吉井一肇、平祐奈、阿部考将、松島海斗、吉田 翔 【監督】蔵方政俊『RAILWAYS 愛を伝えられない大人たちへ』 【企画・製作】菅 剛史 【製作】藤岡 修 【 プロデューサー】高口聖世巨、東島真一郎、橋口愛 【脚本】酒井健作、市川豊 【脚本協力】岐部昌幸 【ディレクター】藤本達也 【撮影】阿部浩一 【照明】吉澤一生 【録音】西岡正己 【美術】飯森則裕 【衣装】岡田敦之 【へアメイク】宮崎智子 【VFXスーパーバイザー】吉野広教 【音響効果・音楽】斎藤信之 【助監督】斉藤博士 【制作担当】濱﨑林太郎 【企画・製作プロダクション】ガスコイン・カンパニー 【配給】シンカ、ハピネット 2013年/日本映画/DCP5.1chサラウンド/アメリカンヴィスタ/109分 2014年2月22日(土) 新宿バルト9、ヒューマントラストシネマ渋谷ほか全国ロードショー.

发表评论

电子邮件地址不会被公开。 必填项已用*标注

您可以使用这些HTML标签和属性: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>