日経平均、一時230円超値上がり: 朝日

5日の東京株式市場は前日に610円下げた反動から幅広い銘柄が買われ、日経平均株価が一時230円を超える値上がりになった. 前日のニューヨーク市場も3営業日ぶりに値上がりして取引を終え、世界的な株安がとりあえず一服している. 日経平均の午前の終値は、前日より52円73銭(0・38%)高い1万4061円20銭、東京証券取引所第1部全体の値動きを示すTOPIX(東証株価指数)は同12・42ポイント(1・09%)高い1151・69. 出来高は19億1千万株. 日経平均は世界的な株安の流れを受け、前日までの4営業日で合わせて1400円近く下げた. 米国がお金を市場に流し込む「量的緩和」を縮小し始めたため、新興国から投資資金が引きあげられ、新興国経済がダメージを受けるのではないかという不安からだ. だが、前日のニューヨーク市場ではこれまでの値下がりの反動から買い戻しが入り、大企業で構成するダウ工業株平均が前日比72・44ドル(0・47%)高い1万5445・24ドルで取引を終えた. 一部の新興国の通貨安もいったん落ち着き、市場に安心感が広がった. 5日の東京市場では、業績が好調な企業を中心に割安感のある株式が買われている. 大手証券の担当者は「為替相場も落ち着いており、外国人投資家も買い戻している」とみる. 東京外国為替市場の円相場も1ドル=101円台前半で小幅な値動きになっている. 正午は前日午後5時より21銭円安ドル高の1ドル=101円30~32銭、対ユーロでは同22銭円安ユーロ高の1ユーロ=136円94~95銭. ただ、先行きには不安が根強い. モンスター ヘッドホン ケーブル 外資系銀行の為替アナリストは「新興国経済の先行きへの不安はぬぐいきれず、これから1、2週間は不安定な相場が続く」と分析している.

发表评论

电子邮件地址不会被公开。 必填项已用*标注

您可以使用这些HTML标签和属性: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>