戦国BASARA4』のUGG コーディネート主軸になる”戦国創

カプコンは、2014年1月23日に発売するPS3用ソフト『戦国BASARA4』の新情報を公開した. 本作は、さまざまなメディアで展開されている『戦国BASARA』シリーズの最新ナンバリングタイトル. 今作『戦国BASARA4』では、”戦国創世”がテーマに掲げられ、新たな設定と世界のもとストーリーが描かれていく. 島左近や井伊直虎など多数の新プレイアブル武将が登場し、ドラマにかかわる武将の人数はシリーズ最多の40人を数えるという. また、アクションやドラマ演出の強化も行われる. 記事で紹介する情報は、本作のメインモードとなる”戦国創世モード”について. 本モードでは、群雄割拠する勢力同士の争いを繰り広げながら、武将のドラマチックな物語を体験できる. さらに、ゲームの進捗によって、武将のドラマをさらに深く掘り下げた”ドラマルート”や”アニメルート”が発生することもあるという. ドラマルートが発生! 詳細については後述する. 以下に、ドラマルートやアニメルート以外の要素も含めて、”戦国創世モード”を一から解説していく. プレイによって異なる展開を楽しめる! “戦国創世モード”で描かれる戦いとドラマ “戦国創世モード”は、群雄割拠する戦国時代を舞台に、自分の所属勢力による天下統一を目指して合戦を繰り広げていくモードになる. 各合戦の前後には武将たちの会話が発生し、それによって物語が進んでいく. また、進軍先はプレイヤー自身が選ぶことができ、敵勢力同士の勝敗によっても大勢が変わるため、天下統一への道のりは幾重にも枝分かれしている. 前述の通り、プレイ状況によってはドラマルートやアニメルートといった特別な合戦ルートが発生し、通常とは異なるエンディングを迎えることができる. プレイヤーがどの合戦を選び、敵勢力がどんな戦いを繰り広げるか. プレイによって違う展開を体験できるので、やり込み性が非常に高い遊びになっている. 新たな合戦が勃発(ぼっぱつ)すると挿入される武将たちのドラマ演出にも注目! 多彩なシチュエーションが待つ”合戦” “戦国創世モード”では、基本的に”自勢力のドラマ展開”→”敵勢力の動向の中継”→”進軍先の選択と合戦”という流れを繰り返していく. 進軍先を選択する画面では、次の合戦を選ぶ以外にも、合戦によって得られる恩賞(報酬)の内容と取得条件を確認できる. また、難易度の変更や楽曲の設定などもこの画面から行える. 進軍先の選択画面. 武将がまさに進軍を行っている最中の躍動感ある場面が表示され、ただの選択画面には見えない臨場感のある演出に. しかも、政宗なら馬に乗って駆け、家康なら忠勝の上にのって飛ぶなど、武将ごとに演出が異なる. 合戦ごとに恩賞の一覧が表示される. 戦績によっても恩賞の内容が変わってくる. 選べる合戦には、”通常”、”勃発”、”予兆”、”派生”、”一騎打ち”という5種のカテゴリがある. “通常”は特別な発生条件がない合戦で、”勃発”と”予兆”は、敵勢力の動向次第で発生する特殊なシチュエーションになる. また、特定の合戦をクリアすると、それに関連して”派生”の合戦が発生するようになっている. “一騎打ち”は、その名の通り、武将同士の一騎打ちを行うもの. 特定の武将同士の組み合わせだと、専用の演出を見ることができる. また、”一騎打ち”であれば恩賞は武器のみになるなど、合戦の分類が恩賞の内容にも影響してくるという. 敵勢力同士の動きによって、”本能寺の変”が勃発! 進軍先にも表示され、選択すればその戦に介入できる. 特定の合戦をクリアしたことで、”派生”する合戦が発生した場面. 選ぶか選ばないかはプレイヤーの自由だ. “予兆”に分類される合戦を放置すると、内容が変化する. わざとスルーしてみるのもおもしろいか? “一騎打ち”は、足軽が出現せず、いきなり敵武将との戦いになる. 恩賞についても特徴があり、右の画像を見るとわかるようにすべて武器報酬. 伊達政宗と石田三成の”一騎打ち”. 専用の演出が発生し、よりドラマチックな戦いを体験できる. 専用演出の用意された組み合わせを探すのも、プレイの楽しみの1つになるだろう. →次のページで”ドラマルート”と”アニメルート”の情報を紹介――それぞれ”創世エンディング”とは異なる結末が待つ! (2ページ目へ).

发表评论

电子邮件地址不会被公开。 必填项已用*标注

您可以使用这些HTML标签和属性: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>