ロシア首相、国後島を訪問 玄葉外相は不快

ロシアのメドベージェフ首相が3日、日本が返還を求めている北方領土・国後島に入った. 極東発展相ら閣僚も同行し、北方領土の実効支配を鮮明にした. 玄葉光一郎外相は仙台市内で記者団に「日本の(固有領土という)立場と相いれない」とし、不快感を表明. 領土交渉の再活性化に水を差すことになりそうだ. メドベージェフ首相の北方領土訪問は、大統領だった2010年にソ連・ロシアの最高指導者として初めて国後島を訪れたのに続き2度目. ノーボスチ通信によると、首相は住民との対話の中で「ここは我々の領土だ. 一寸たりとも渡さない」と語った. ロシアは「極東重視」を打ち出しており、メドベージェフ首相は、ウラジオストク、ユジノサハリンスクを経て、択捉島に向かう計画だった. 悪天候で延期との見方も一時は出たが、与党「統一ロシア」の地元幹部らとの会談後、北方領土訪問について「今回の視察の中でも非常に重要だ」と発言、国後島に向かった.

发表评论

电子邮件地址不会被公开。 必填项已用*标注

您可以使用这些HTML标签和属性: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>