ストレス、仕事内容より睡眠不足 被災自治

福島慎吾】被災自治体の職員が抱えるストレスの最大の原因は、本人の被災状況や仕事内容ではなく、睡眠を十分に取れていないことにある. 東北大の若島孔文准教授(臨床心理学)らが、そんな調査結果をまとめた. 22日に仙台市であるシンポジウムで発表する. 職員がよく眠れる職場づくりが重要という. 若島准教授らは震災直後から、被災した宮城県内の自治体で職員のメンタルケアにあたってきた. 「以前よりもいらいらする」「よくない夢を見る」といったアンケートに4段階で答えてもらい、職員自身の被災状況や日常生活、職場の様子も尋ねた. 震災時の様子を突然思い出すなどの心的外傷後ストレス障害(PTSD)や、急に不安になったり、めまいがしたりといった一般的なストレス症状を訴える人ら約1360人について分析した. アシックス シューズ アシックス バッシュウィメンズ その結果、PTSDでも一般的なストレス症状でも、最大の原因は「十分に眠れない」. 2番目の原因は、PTSDの場合、家族や知人に犠牲者がいるなどの被災状況. 一般的なストレスの場合、職場でのコミュニケーションだった. いずれのストレス症状でも、震災関連の職場にいるかどうかや、勤務時間の長さは大きな要因ではなかったという. 最大の原因と分かった「十分に眠れない」については、その背景にある眠れない要因をさらに調べる考えだ. 若島准教授は「被災自治体の管理職には、眠れていないという部下に注意を払ってもらいたい」と話す.

发表评论

电子邮件地址不会被公开。 必填项已用*标注

您可以使用这些HTML标签和属性: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>