アジア最大の客船、博多入港 全国初、入国

アジア最大のクルーズ船ボイジャー・オブ・ザ・シーズが21日朝、中国・上海から、福岡市の博多港に入港した. 船が着岸した中央ふ頭では出迎えの和太鼓演奏が行われ、ツアースタッフや下船した乗客らでにぎわった. ボイジャー・オブ・ザ・シーズは全長約311メートル、約13万7千トンで、乗客定員は3840人. バハマ船籍で、米国ロイヤル・カリビアン・インターナショナル社が運航している. 21日夜に博多港を出港し、長崎、韓国・済州島を経由して上海に戻る. 福岡入国管理局は今回、全国で初めて、入国審査の簡略化を実施. 審査時の顔写真の撮影や照合を省き、通常5時間ほどかかる審査時間を半減させたという. 福岡市は寄港による大きな経済効果を期待しており、受け入れにあたって海中に係留ロープ用の柱を設置するなど、約2億5千万円かけてふ頭を整備した.

发表评论

电子邮件地址不会被公开。 必填项已用*标注

您可以使用这些HTML标签和属性: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>